Member 部門責任者紹介

西内 裕之Hiroyuki Nishiuchi

副社長執行役員

高知県生。
大手総合人材会社に入社後トップセールスとして活躍。その後は現場のマネージャーとして組織を束ね、営業の戦略立案、人材開発および組織開発など幅広い分野でキャリアを歩む。
これらかの時代に新しい働き方を提案し、インフラとなるサービス構築を目指すため、当社、副社長に就任。

西内
西内
西内
name

雇用を知り尽くしたからこそ、生み出せたサービス。

『Bloom Act』最大の強みは、開設メンバーのほとんどが人材業界出身者である点です。
雇用問題は日本が抱える最大の課題ではないでしょうか。この問題を解決すべく、政府が掲げる「働き方改革」に、企業も最大限の工夫と努力を重ねています。この直面する課題をもっと広い視野で観察し、「時間」という視点で物事を捉えたのが我々Bloom Actです。
長年このHR業界で働いてきた私たちは、企業が直面する雇用問題に真摯に向き合い、何とか解決できないかと勤めてきました。しかしながら労働力人口が減少し、人手不足が顕著になるにつれ、従来の方法では解決が難しいと深く考えるに至ったのです。自然と、やるべきことが見えてきました。今の雇用の中で如何に効率化させるか、雇用に代わる新しい仕組みを構築するか、既存にはない働き方で新しい雇用を生み出すか、いずれかです。不思議な事に、ここに集まったメンバーは皆同じことを考えていました。
長時間労働が当たり前になってしまっている昨今。足りない人材は、仕事の仕組みを効率化させ最適なシステムでサポートする。これが、私たちが考えた、私たちの提供できる働き方改革。雇用問題に長年携わってきたメンバーだからこそ、この点に気付けたんだと思っています。

働き方や業務を見直す、小さく大きなきっかけを作りたい。

本来【採用】とは、自社の発展のために「新規人材」を雇い入れる前向きなものだったはず。しかしながら今は、欠員を埋めるのに必死で、ポジティブな印象はほぼ消えてしまいました。最終的には採用もできず、益々過酷な労働を強いられる悪循環になっていますよね。ブラック企業やらブラックバイトといったワードが、一時的な流行りではなく、一般的に使われるようになったのは、こうした負のスパイラルに陥っている企業が増えてきたことの現れなのでしょう。
今までと同じ採用活動を続けることは、本当に正しい解決策でしょうか。案外、仕事の工夫でいくらでも補えたり、「この仕事って本当に必要か」と冷静に見つめなおせるケースも沢山あったりしませんか。今まで培ってきた伝統や仕組みを変えたくない、変えるのが怖いといったマイナス要因がどんどん改革のチャンスを潰してしまっているような気がしてなりません。
テクノロジーが進化している現在では、改善したい気持ちさえあれば、いくらでも補えるベストなプロダクトが選択できます。私たちが携わる企業がこの点に気付き、時間という概念で物事を捉え、一から業務を見直して欲しいのです。
かつて、坂本龍馬が「今一度日本を洗濯致し候」といい、明治維新が実現しました。私たちもこの言葉を借りて、「日本の中小企業を洗濯(リセット)」できれば、と考えています。

今はまだ理想でも、近い将来、日本の「標準(スタンダード)」に。

私たちが実現しようとしている世界、行動、考え、価値観がデファクトスタンダード(事実上の標準)になる、そのような存在でありたいと思います。
Bloom Actのミッションである、多くの「とき=時間・機会・チャンス・時代」をつくるといった考えに多くの企業が共感し、日本の構造を変え、新しい時代を作っていきたい。その事で、悩んでいる多くの企業に機会を与え、チャンスに変えるパワーを提供していきたいと考えています。
Bloom Actの社名にある「Bloom=開花させる」を多くの企業で実現する存在になること。これが私たちに与えられた使命。なぜならこれが私たちの存在意義だと強く感じているからです。
不確実の世の中にあって、格差社会とも言われている現在。唯一格差の無い平等な概念が「時間」です。社員全員が平等な時間をうまく使える企業が、この厳しい世の中を生き抜いていける真の勝ち組となるはず。
今までの古い考えは捨て、新しいやり方で明るい未来をBloom Actと共に創出していきましょう。