Member 部門責任者紹介

加賀谷 一真Kazuma Kagaya

マーケティングチーム

東京都生。
大手人材サービス企業に新卒社員として入社。横浜地区・東京都心地区にて求人広告を中心に採用活動に関する提案を主軸とした営業活動に従事。
これからの時代の課題解決に、本当に必要とされる商材の提案をできる環境を求めてBloom Actへ入社。

加賀谷
加賀谷
加賀谷
name

真にお客様の役に立つ、とは何かを考えて。

Bloom Actの最大の強みは、社会が本当に必要としているツールを世の中に提供できる点にあると考えています。
昨今の労働市場では求人難が叫ばれて久しくなっております。
前職で約5年間に亘り募集活動のお手伝いをする中で、1人採用することが徐々に困難になるのを肌身に感じておりました。
結果が出せない時期が続き、焦燥感に駆られる中でご縁のあった企業様にとって、本当の課題解決は何かを改めて見直し、
その答えは【増員】ではなく、【業務を遂行できる環境の整備】であると気がつきました。
そんな折に知った新サービス「B-Room(ブルーム)」であれば、真に企業様のお役に立てると確信しました。
営業活動の質や効率を向上させたり、在宅ワークの広がりや、離職率の低下で人的環境の整備へ貢献したり。
働き方改革で仕事の進め方が見直されている折、今後の展望が広がると感じてBloom Actへ入社を決意しました。
会社が小規模な分、個人の意見が反映されやすく、より良いツールを世に出そうという意識を高く持って活動しています。

いつでも、誰でも、どこででも。を実現するために。

Bloom Actの最大のミッションは、眠ったままになっている多くの可能性・才能を、掘り起こせる社会の実現です。
例えば、環境の変化で仕事を諦めたりするケースも世の中にはまだまだ多いと感じています。
また、前職で営業職として外回りをしていた頃、移動時間や細かなスキマ時間が勿体無いと感じておりました。
また、あれもこれもと詰め込んだ営業カバンの重さや出先での急ぎの見積対応など、従来のやり方ではなかなか解消できない非効率に悩まされることもありました。
このページをご覧の方は、地理的制約や人員配置的な要因で商談の機会を逸して歯がゆい思いをされて、検索エンジンなどをたどって来られたのではないでしょうか。
在宅ワークの広がりや営業活動の効率化、機会損失の防止を実現できるツールとしてB-Roomを磨き上げ、企業様側にとっては機会損失の防止を。
働く人にとっては誰もが自分の働く場所、働く方法に出会える社会の実現に、少しでも寄与していきたいと考えています。

本当にいいものを、自信を持ってみんなに伝えたい。

ビジネスにおいて大切にしているのは、お知らせはする、無理強いはしない。ことです。
Bloom Actでは自信を持っておすすめすることができる商材を扱っている自負はあります。
しかしながら、世の中にある全ての企業様にフィットする商品ではないこともまた事実です。
マーケティングチームの責任者として、まずはB-Roomひいては弊社Bloom Actの存在を、世の中に知らしめることが当面の目標です。もといここのページをご高覧いただいている方には、何かしらのきっかけでご興味を持っていただけたのかと思います。誠にありがとうございます。
人材を確保・定着させたい、営業活動の効率を上げたいなど、お困りの方に多くの方の課題解決に役立つことは確信しております。しかし、最終的なご判断は当然ながらお客様に委ねさせていただきます。そのご判断の材料として、いいところも悪いところも材料を誠実にお届けできるように、情報発信やご案内を正確にわかりやすくできればと思います。