Member 部門責任者紹介

舟橋 由佳Yuka Funabashi

サービスソリューション統括部

茨城県生。筑波大学卒業後、大手総合人材会社に入社。セールス部門において1年目から受賞歴を持ち、トップセールスとして活躍。その後はセールスを離れ、USP模索力を活かしたコミュニケーションデザインを中心に年間100社以上の企業ブランディングを手掛ける。フレームワークを駆使したライティングやコンテンツマーケティングを得意とし、この度、サービスソリューション統括部の責任者として参画。

舟橋
舟橋
舟橋
舟橋
舟橋
舟橋
name

企業と個人の想いと悩みに、真剣に向き合える会社。

Bloom Actや商品に興味を持ち、ここを読んでくださっている皆さまには、共通点があるはずです。
「社員たちの働き方を変えたい」と思っている社長さんもいらっしゃるでしょう。「効率よく、部下の商談成約率を上げる方法はないか」と探している営業管理職の方かも。はたまた、「この忙しさをなんとかしたい」と叫んでいる現場社員かもしれません。立場やお気持ちはそれぞれ違いますが、皆さまに共通していること、それは、「人の時間の大切さ」を感じていらっしゃることではないでしょうか。
それは、Bloom Actのメンバーも同じです。HR業界出身者が多いため、人を採用し、教育していくことの大変さにも、痛いほど向き合ってきました。特に近年は、未曾有の人手不足を目の当たりにし、従来方法の限界と変革の必要性を痛感する毎日。世の中の働き方を変えたい、家族や友人の忙しさを減らしてあげたい、もっと時間を上手に使って自己実現したい。そんな想いを強く持って集まった仲間が、私たち『Bloom Act』です。
「時間と人」で悩んでいる企業と、そこで働く個人の想いに、同じ気持ちで真剣に寄り添える。それが、うちがどこにも負けないの“強み”だと思っています。

数百もの取材経験から学んだ、“ポリシー”を大切に。

Bloom Actに参加する直前まで、年間100件以上の取材・インタビューに行く業務をこなしていました。訪問先は、企業・工場・福祉施設・病院・お店など、全業界。聞く相手も、会社の社長・人事部長・社員の皆さんはもちろん、パートスタッフ、店長、ドライバー、先生、医院長・・・と、老若男女さまざま。しかも、ほとんどが初対面の方ばかりです。
「話を引き出す一番のコツは?」よく聞かれたので、必ずこうお答えしていました。
「相手に興味も持つことと、真剣に聞くことです」
この基本の大切さに気づいてからは、どんどん成長していくのを実感できました。テクニック云々よりも、その姿勢がなにより大事なんだと、膨大な量の取材経験から学んだんです。そしてそれは取材だけにとどまらない、ビジネスの基本、強いては人付き合いの根底だ、とも思っています。
「誠実であること」−−このスタンスは、ずっと変わらず持ち続けている私のポリシー。誠実なビジネスパートナーとして、お客様が抱えている課題をお聞きし、Bloom Actの製品・サービスで解決できるよう精一杯努めていきます。

私が、自社プロダクト「B-Room(ブルーム)」が好きな理由。

単純明快。「自分が使いたいと思ったから」
新卒で入った広告会社で、外回りの営業をやっていました。女性はわかってくださるでしょうか、辛かったことTOP3の一つは靴擦れです。慣れないヒールで、夕方になると足が痛くて歩けなくなり、道端の階段で休んだりしたこともありました。体力的な厳しさを感じなかったと言ったら嘘になります。良い成績をおさめていましたし、自信もありましたが、「10年後も続けられるんだろうか」なんて不安を感じていたことも事実です。数年後社内で取材ライターに職種変更したのですが、次に感じたのは「時間」の問題。移動時間も長く、予定が不規則だったので、既婚・子持ち女性がほぼいない職種でした。どちらの仕事も業務そのものは大好きだったからこそ、「体力」「時間」がネックで、ずっと続けることができないだろうと感じてしまったことも、同じような理由で会社を辞めてしまった女性同僚をたくさん見てきたことも、残念でならなかったんです。
B-Roomは、そんな私のモヤモヤを晴らしてくれるものでした。自社のプロダクトで助けたいと思った人が、頭の中で漠然と描いた架空の人物ではなかった。自分と、そして営業職である姉だった。だから、心から人に勧めたい。性差や家庭環境に囚われない柔軟な働き方を実現できる画期的なツールとして、早くたくさんの方々に使ってほしいですね。