Topics お知らせ

Release

オンライン接客ソリューション “ROOMS”が「Salesforce連携」機能をリリース

  • Release
  • 2021.7.7

ーROOMSの商談記録がSalesforceに連携されますー

今年3月のサービスローンチ直後から、ROOMSユーザ企業様より、Salesforce連携のご要望を多数いただいておりました。また、他社サービスや海外製Web会議ツールを使って商談を行っている企業様のお悩みとして、商談記録が残らない点やSalesforceへの報告入力が非常に手間である点が多く寄せられておりました。
そこで、ROOMSでオンライン商談を行った営業スタッフの手間を最小限に、Salesforceへ商談記録が自動連携できるような機能開発に着手し、この度リリースの運びとなりました。

【連携のメリット

■メリット①:営業スタッフの報告漏れがなくなります
 連携方法は、ROOMSで予約を取る際に、取引先や商談と紐づけておくだけ。商談終了後は「活動の記録」が自動で登録されるため、どんなに忙しい中でも報告書作成が漏れることはありません。

■メリット②:営業スタッフの手間を大幅に削減
 商談日時や商談相手の情報が流し込まれるので、イチから報告書を書き起こす必要がありません。簡単に報告書が作成できるので、今までかかっていた時間・工数を大幅に削減できます。

■メリット③:営業活動の可視化・分析ができる
 リモートワークが進む中で、営業活動がよりブラックボックス化してしまったことに課題を感じる企業は少なくありません。効率的に記録化できることで可視化・分析が加速します。

【連携仕様】

■予約時に簡単に紐づけ
 ROOMSで商談の予約を取る際、Salesforceに登録されている「取引先」や「商談」と簡単に紐づけできます。

※Salesforce側に既に作成されている商談を紐づけすることもできますし、ROOMS側で新規作成してSalesforce側に新しい「商談」を立てることもできます。

■「新規行動」が自動登録
 ROOMSの予約情報から、「新規行動」も自動登録されます。

※予約時に入力した日時(日付、開始/終了時刻)とタイトル(件名)情報が、Salesforce側の「新規行動登録画面」に連携され、自動で登録されます。

■「活動の記録」も自動登録
 
ROOMSで商談を行うと自動生成される報告書。その内容を基に「活動の記録」も自動登録されます。

※接続日時、商談相手のお客様のお名前、商談中に書いたメモはすべて自動で流し込まれるため、イチから書き起こす必要はありません。

【プレスリリース】

【本件に関するお問合せ先】
株式会社BloomAct 
電話:029-875-5551 メールアドレス:info@bloomact.co.jp
どうぞお気軽にお問い合わせください。