Corporate social responsibility CSR

CSRについて

CSR(corporate social responsibility,
企業の社会的責任)

「企業組織と社会の健全な成長を保護し,促進することを目的として,不祥事の発生を未然に防ぐとともに、社会に積極的に貢献していくために企業の内外に働きかける制度的義務と責任」と定義されています。

Bloom Act のCSR

私たちは、もっといい未来を目指して、
世界中のステークホルダーから、
必要とされ、愛される企業を目指していきます。

ステークホルダー別の
取り組み

for社員

★ 労働慣行

  • ・労働安全衛生の推進
  • ・働き方改革(リモートワーク推進)
  • ・QOLの向上
  • ・人材育成
  • ・評価制度の推進
  • ・ワーク・ライフ・バランスへの取り組み
  • ・ダイバーシティの推進

★ コミュニティへの参画および発展​

  • ・地方創生
  • ・地方都市の雇用活性化
  • ・女性の活躍と社会進出支援
  • ・シニア層の活躍と社会進出支援
  • ・障害者の就労支援

★ 人権

  • ・人権の尊重・差別の禁止
  • ・セクハラ・パワハラ防止教育​
  • ・相談窓口の設置
  • ・ILO中核的労働基準を尊重

★ 組織統治

  • ・コーポレートガバナンス
  • ・リスクマネジメント
  • ・法令順守
  • ・情報開示​
  • ・会計監査

forクライアント

★ クライアント(ユーザー)に関する課題

  • ・ISO27001の取得
  • ・製品・サービスの品質管理および向上
  • ・個人情報保護の徹底
  • ・顧客様満足向上に向けた取り組み(NPS経営の実施)

★公正な事業慣行

  • ・定期的なコンプライアンス教育の実施
  • ・情報セキュリティの強化
  • ・反社会的勢力排除の徹底
  • ・内部通報制度の整備

for地球環境

★ 環境

  • ・ペーパーレス化の推進
  • ・モーダルシフトの推進(テクノロジーの活用促進 ※CO2の排出と削減)
  • ・温暖化防止策への協力(クールビズ・ウォームビズの実施)

CSRの概念図 Conceptual view of CSR

csr